夜間診療 遠くから来た犬

私が所属する獣医師会では、
夜間の急患に対応するため、
昨年から、交代で当番医を務めることのなりました。

先日は自分の当番日。
電話がかかってくる、不安と期待半分ずつでベルを待ちます。

P1000578.jpg

さっそく一本の電話。
めったに吐くことのない愛犬が、夜になって4回吐いたとのこと。
飼い主さんの不安が受話器を通して伝わってきます。

高速道路を使って1時間かけて来院。
最近の車にはナビがついているので、病院の場所を教えることなく着きます。

夜なので当然スタッフはおらず、
一人でバタバタして写真はありません。

応急処置とはいえ、何かしてもらったという安心感が得られ、
飼い主さんは満足して帰られました。
その後ろ姿に、
「道路、凍って滑るから運転気を付けて」と一声かけて。
スポンサーサイト

テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

夜、調子悪くなると不安なんですよね~。
夜間の急患受付はうれしいです。
他の県でもやってるんでしょうか?

おくさん さま

やっている地域とない地域があるようです。

夜間、やっていない場合は、
個人病院の対応を探すしかないですね。

当番医!
すごいなあ~人間並みですね。
そのうちに救急車なんかも走るようになるかも知れませんね。

夜間で対応する病院はこちらでも探せばあるのかもしれませんが、
愛犬の急変でオロオロしている時にこう云う処置は助かります。
かかりつけの病院は夜間は診療しないので、そう云う病院を抑えていた方がいいですね。

アンクルン さま

アメリカでは、
すでにペットの救急車が実践されているようですね。

ただ何をするにもv-426がかかります。
需要があるからこそ、成り立つのですね。

あけみ さま

休日や夜間の急変というのは
飼い主さんにとって不安の種ですね。

電話帳等で探せば、いつでも対応してくれる病院があるはずですから、
把握しておくのは大事です。
名言集
FC2カウンター
ブログランキング
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -