獣医療のインフォームド・コンセント

人の医療では当たり前のインフォームド・コンセント、
獣医療にもこの言葉がかなり広がってきました。

ある雑誌の付録です。
よくみられる疾患について、
飼い主さんにわかりやすく説明する資料が載っています。

P1000558.jpg

診察室で細かく病気について説明しても
病院を出れば、あれっ結局どんな状態だったんだろう
とならないよう説明した用紙を渡します。

病気、状態についてしっかり説明できない、
またはめんどくさがるような獣医はこれから淘汰されるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

事後承諾で申し訳ありませんが、
記事中にこちらのブログをリンクさせていただきました。

飼い主さん同士の情報伝達はスゴイですからね、
評判の良い悪いはすぐに広まってしまいます。
きっと、ちゃんとした説明が、獣医さんを謂われのない中傷から守る手だてでもあるんでしょうね。

ペットの症状について、詳しく分かりやすく説明してくれると納得出来ます。
今 通っている獣医さんは、私が尋ねた事に丁寧に答えてくれます。
そこが利点です。
こちらの無知をさらけ出すようで恥ずかしいのですが、療法食ひとつにしても、今までのフードとどう違うのか、バンバン聞いてしまいます。

ワンとも さま

載せていただいてありがとうございました。

キチンと丁寧に説明する、
これが一番だと思います。

さくらかあちゃん さま

こちらとしては理解していないのに、
解ったような顔をされるほうが厄介です。

また、ネットで調べた知識を
得意げに披露されるのも困ります。
名言集
FC2カウンター
ブログランキング
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -