室内飼いでも危険がいっぱい

北海道、本州の日本海側を寒波が襲っています。
朝、動物病院に来て温度計を見ると室内でもこの温度

P1020921.jpg

もっと寒いこともあります。
まだ1月になったばかり、寒さはこれからです。
インフルエンザにも要注意。

3才、スコティッシュフォールド、オス。
最近尻尾を触ると嫌がる、ということで来院。

IMG_2362.jpg

見ると、一部壊死し変色しています。

IMG_2363.jpg

絶対外に出ることはない、ということで喧嘩傷は考えられず、
もしかしたらドアに挟んだのかも?

P1020922.jpg

本人に聞くことはできないので、
原因不明のままとにかく治療です。

誤食・誤飲等も含め、室内飼育にも注意が必要です。

スポンサーサイト

テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

静岡は暖かいので、真冬でも氷点下になる事はありません。
でも留守にする時は、ホットカーペットをつけて行きます。

さくらを室内で飼うようになってから、小さな子供がいる家庭と同じだと思いました。
ゴキブリのホウ酸ダンゴは置けないし、コンセントも危険、お菓子は届かないテーブルの上に置いたり、注意する事がいっぱいでした。

No title

さ、寒いですね。私が住んでいる所では、年間を通しての最低気温が-6℃位です。

動物もそうですけど人間も、何処に危険があるか判りませんよね。
私も以前、ドアに指を挟んで爪をはがしてしまったことがあります。

No title

昨日も今日も大変でしたね。
早く元気になりますように。猫ちゃんもワンちゃんも。
それにしてもそちらは寒いんですね!!

さくらかあちゃん さま

温かい地区がうらやましいです。

何をするかわからないのがペットたち、
飼い主さんの注意が必要です。

utunosamu さま

ペットを飼うのは、
子供同様、環境に注意ですね。

アンクルン さま

休日明けは人の病院と同様、忙しくなります。

この時期、いつもと違うものを食べたということで
おなかを壊したのもたくさん来院します。

寒中お見舞い申し上げます。

東京もこのところだいぶ寒いですが、
0℃近くなっても湿度が低いので雪はめったに降りません。
北国の人のお肌がキレイなのは冬でも湿度があるからでしょうね。

尻尾、痛々しいですね。
自分がドアやタンスの引き出しに指を挟んだ時の痛みを思い出しました。
それにしても動物の尻尾は盲点になりがちです。
いまだに時々踏んでしまいますし…(~_~;)

ワンとも さま

寒いですね。
お互い体調に気を付けましょう。

尻尾というものは人間にないので、
どうもその管理がお留守になりがちです。
何のためにあるのだか…。
名言集
FC2カウンター
ブログランキング
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -