昼食後 親不知コミュニティロード

次に立ち寄ったのは 親不知コミュニティロード

親知らず子知らず、といわれる地名から分かる、
かつての通行の難所。
異人の苦労を知ることができます。



岸壁に「如砥如矢」。

明治15年5月に工事着工し、翌1883年(明治16年)12月1日に国道が完工、
12月8日に開通式が行われた。ここでようやく、日本海側の東西を結ぶ幹線道路が誕生し、
人力車や荷車が往来できるようになった。

この工事は、断崖絶壁を縫ってすべて人力で行なわれ、
苦難を極めたと語り継がれている。その道路完成を記念し、
道路の上にある日本海に面した一枚の大岩盤面に、
約1メートル角の四大刻字で「如砥如矢(とのごとくやのごとし)」と刻まれた。
その意は、「この道路は砥石のように平らで、矢のように真っ直ぐである」
と賞賛したもので、現在も残っている。           Wikipediaより

IMG_2131_2017052920512834b.jpg

同じ場所に、
親不知レンガトンネル」がありました。
今年から歩いて通れるようになったそうです。

トンネルまで階段を下ります。

IMG_2133.jpg

先程の筒石駅同様、また階段を下ります。
(今回のツーリングはよく歩きます)

IMG_2134_201705292101394b6.jpg

しばらく降りて
トンネル入口(出口)に到着。

IMG_2135_20170529210140d73.jpg

約660m、
遠ーくに出口が見えます。

IMG_2138_201705292101432e5.jpg

懐中電灯も
準備してありました。

IMG_2137.jpg

トンネルを見た後
また、来た階段を上ります。

途中、下りてくる若い女性二人組に、
「まだまだですよー」と、ひと声。
「エッー」と叫びながら降りていきました。

IMG_2141.jpg

これで帰宅する予定でしたが、
富山県に入り、
交差点ごとに多数の人だかりを見かけました。

なぜかというと、

IMG_2143-.jpg

すいません、引っ張ります。





  ブログランキングに参加しています
          クリックするだけで投票できます

br_decobanner_20100317171956.gif  ポチッとお願いします


スポンサーサイト

テーマ : 新潟県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

親知らず・・・大変な工事だったんですね。
長い階段で若いカップルに「まだまだですよ~」の
声掛け、思わず吹き出してしまいました。(笑)
足の丈夫なうちに一度行かねば!!と思いました。

アンクルン さま

観光地って
結構歩きますね。

自分の足で歩けるうちに行っておく、
今の目標です。

こんにちは♪

親不知‥だなんて面白い名前ですね。
上り階段で、まだまだ‥とわかったら
私なら引き返してしまいそう(笑)
下りなら行けるかな!
今回母が来て、スタスタ歩ける人だったのが
圧迫骨折から、ゆっくりじゃないと歩けなくなってしまったので
やはり少しでも若いうちに、鍛えておいたほうがいいな~と
私も思いました。
☆彡応援デス*

No title

コミュニティロードには何度か行っていますが、ここから見る夏の海は本当に綺麗です。
階段も見たことありますが、帰りが怖くて、下りていません。^^;

Junko さま

いつまでも
あたりまえに歩いて観光できる、
ということはありませんね。

これから体力は
落ちる一方です。

いちご さま

最後はヘロヘロになって
戻ってきました。

私の場合、
「登山」という趣味は
まずありえません。

親不知は看板横目に通過…
長いトンネル1人だと怖くなかったですか?
絶対!何かいそう(汗)

ほらっ!先生の後ろ(′ʘ⌄ʘ‵)
今!絶対振り向いちゃダメょ(>人<;)

チョロ さま

根性・度胸無しオヤジは、
もちろんチラッと覗いただけで、
中を通過しませんでした。

へへへ。
名言集
FC2カウンター
ブログランキング
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -