本当は触られたくないけど

9才、ミニチュアダックス、メス。
乳腺腫瘍の切除手術にやって来ました。

IMG_0176.jpg

体重は4㎏。
最近は「ミニチュア」といっても、
10㎏を超えるダックスも珍しくありません。
(大柄か肥満。どちらか判断するのが重要です)

預かっている間は警戒していたワンコも、
飼い主さんが迎えに来て、
帰る時はおとなしくスタッフに抱っこされています。

もうすぐ自宅に帰れる、というのが分かるんでしょうね。








  ブログランキングに参加しています
          クリックするだけで投票できます

br_decobanner_20100317171956.gif  ポチッとお願いします


スポンサーサイト

テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

無事家に帰れるって本当にうれしいんですね。

アンクルン さま

ワンコもニャンコも人も、
皆、我が家が一番ですね。

こんばんは。

いまはワンコも体調管理するのが難しそうですね。

utunosamu さま

私の子供の頃の様に、
外で繋ぎっぱなしで
ご飯の残りを与えていた時代とは違ってきました。

おはようございます

15歳になった愛犬ですが今の所、先日の足の怪我以外
目立った病気はしていません。

かかりつけの動物病院で血液検査などして「貧血気味」だと診断したのですが
もっと検査が必要なのでもう一度して下さいと何度も言われています。

今の所、突然倒れる事も無く、自力で歩いているので必要ないと思っているのですが
病院の言うように検査をした方がいいのでしょうか?

あけみ さま

検査の頻度は難しい問題ですね。

手間も費用も掛かるので、
ほどほどで済ませたい気持ち、
よく解ります。
名言集
FC2カウンター
ブログランキング
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -