22年の思い出

一人の女性が、
紙袋を持って来院されました。

DSCN4789.jpg

22年いた猫が亡くなったので、そのお礼だそうです。

先週、数回栄養剤の注射に来られましたが、
家族全員に見送られて息を引き取ったそうです。

「私個人」、入院中に亡くなるのは治療の選択ミスと考えているので、
これで良かったと思っています。

22年前、元気だったおじいちゃん・おばあちゃんは亡くなり、
貰って来た当時小学生の娘さんはお嫁に行き、
親御さんがずっと面倒を見てきました。

ずっと家族を見守ってきたのは、ネコだったのかもしれません。





  ブログランキングに参加しています
          クリックするだけで投票できます

br_decobanner_20100317171956.gif  ポチッとお願いします
スポンサーサイト

テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご家族の歴史をずっと見て来た22歳の猫さん、家族全員に見守られて逝けるというのは幸せな事だと思います。
いつかやって来るペットとの別れの時に、「この子は我が家の事を全部知っているんだよね。家政婦は見た!って感じだよね」と思う飼い主さんもいると思います。
私もそう思いました。

No title

22年は長生きしましたね。
家族に看取られて亡くなったニャンコも幸せですが、
見取ることが出来たご家族もお幸せですね。
ウチもそうだといいなぁと思います。

こんばんは。

家族であり、歴史ですね。

さくらかあちゃん さま

だま~って家のことを見ていたんでしょうね。
なんでも知っていたはずです。

ワンとも さま

獣医療も高度になりましたが、
どこまで飼い主さんが必要としているかを
しっかり見極めるのも大事です。

utunosamu さま

結構ペットに話しかける人、多いですね。
なんでも聞いてくれます。

No title

22年間、家族のみんなをずっと見守ってきたんですね。
寂しくなりますね・・・

アンクルン さま

文字通り、
一区切りついたといったところですね。

おはようございます

22年も長生きしたネコちゃんだったのですね。
人間でいえば100歳越えていた事でしょう。
天国へ逝っても家族の事を見守ってくれて居る事でしょう。

あけみ さま

必ず命は尽きるのですが、
その時はどの飼い主さんも信じたくないようです。
名言集
FC2カウンター
ブログランキング
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -